香川県建築設計協同組合

TOP代表理事 挨拶組合概要組合組織組合員名簿賛助会員賛助会員入会のおすすめ県営住宅入居者募集について

代表理事挨拶

香川県建築設計協同組合 代表理事 挨拶

低額所得者に対応する公営住宅の管理について

香川県建築設計協同組合 代表理事 斉藤孝 香川県建築設計協同組合 代表理事
斉 藤  孝

 先ず、公営住宅とはから入りますが、低所得者であって住宅に困窮している人たちに利用されるように作った住宅です。これを低廉な家賃で貸し出します。
 建築主、持ち主は国または地方公共団体です。
 これを管理するための法律が作られています。平たく説明しますと、その内容の項目は次のとおりです。
 家賃の設定・入居者の募集・選考と決定・家賃敷金の徴収・徴収の猶予とか減免・修理・増築などの承認・収入増加による措置・明け渡し請求などです。
 住宅に困っている低額所得者のために、良質な住宅の供給を要求されますが、的確な管理も要求されています。
 近年は高齢者や障害者などの住宅需要には十分な対応はできていない一方、低額所得者とはいえない高額所得を得ている者の長期の居住があるなどの問題も生れています。
 このような管理の複雑多様化に対処しながら、公営住宅の管理を行い、あわせて合理的に実施することは義務であります。そのために職務の分担や職員の配置の見直しなどを適宜に行なって、管理体制の整備強化をはかって能力を高めていく必要があります。
 管理体制の整備としては中枢機構だけではなくて、管理事務者や選任管理人の配置によって、入居されている人の要求には迅速、的確に対処できるような体制が必要です。
 また、管理事務の計画的な執行の例としては、次のことなどがあります。

1.公営住宅の需要を的確に把握すること、住宅整備の進捗、空き家の発生状況などに合わせて計画的な募集を行うこと。
2.収入・支出を明らかにするとともに、家賃はじめ徴収、減免、滞納管理など金銭関係を計画的に把握しておくこと。
3.入居者の動向などについては計画的に調査を行い、不正入居者の絶滅を期すこと。
4.入居者の収入申告を適切に実施させて、家賃を適正に徴収し、申告をしない者には適切なる対策を講じていくこと。
5.修繕計画をたて、定期的に修繕、環境整備を行なうなど、賃貸し人としての義務を果たすこと。
6.用途廃止など適切な戸数管理を行なうこと。

などの住宅運営、管理を行なっていくことが必要です。

○月○日○団地○棟○号室

 昼さがりの県庁東館7階の住宅課分室に電話が鳴り響いた。昼食後のねむけを吹っ飛ばすようなけたたましさで。
なに事かと耳にすれば、某団地の「○棟○号室の住人が出先から帰ってみれば、台所の天井が落ち、いろんなものが落下散乱し、粉ホコリが辺り一面拡がっていて、たいへんな状態との苦情である。事故のときはご主人は仕事でお出かけで、夫人は子供同伴で外出中だった。帰着したらこの有様でビックリ仰天。早速電話という次第だった。50歳のご夫婦に幼児が2名小学生1名の5人家族のご家庭。RC造り3階建、昭和34年度の建設。
早速当組合の担当管理人を赴かせた。天井が1.5uほど剥離落下、目の前が真っ白のプラスターの粉ほこりという。他の危険部分を除去し掃除、片付けを行なった。翌日は朝一番より仕上げ材の残置部の撤去と、新しい天井仕上げ。翌々日の午後にはすべての乾式工事を完了した。とにかく人身事故に至らなかったのは幸いだった。
当然の事ながら責任のある管理業者として、米びつラック、チャイルドシート、照明器具等々は当組合で弁償した。
なお引き続き同様の事故の可能性も考えられる、他の同様住戸も打診調査を行なった次第。